バンコク 手続 旅行 航空券

タイ・ライオン・エアーに乗ってみる(復路編)

離陸は当然に遅れます

今回、予定時刻より1時間ほど遅れて離陸したのですが、過去のデータをみてみると常習的に遅刻するようです。機体の不備があるとか、そのような深刻な理由からではなく、おそらく搭乗2時間前あたりに空港に到着するグループだと思うのですが、チェックインした搭乗客がまだゲートに到着していないというよくあるパターンです。他の飛行機でもこのようなことはありますが、LCCの場合は搭乗ゲートまでの距離が遠いこともあり、少々のチェックイン、保安検査の遅れが大きく響いてしまうことも一因です。

ゾウ
上とは別に、前日に急に便が変更になったとか、チェックイン時に夜の便に変更されたりだとか、会社の都合による復路の大幅遅延もあるようです。早めに空港に到着して、このようなケースに当たったら不運としか言いようがありませんが、あらかじめ旅の予定に余裕を持たせておくことも必要かもしれません。LCCを利用する以上、覚悟しておきましょう。

タイ・ライオン・エアー有料機内食は上々


LCCですので、機内食を注文するかしないかは搭乗者次第ですが、私の場合はチケット予約時に注文を入れておきました。機内食はキャビンクルーが予約リストにチェックを入れながら配膳してくれますが、かなり雑です。注文メニューごとに配られますので、配り忘れられたときはクルーに声をかけて確認してもらいます。期待していませんでしたが、予約した照り焼きチキンライスは意外とおいしかったです。ショッピングセンターのフードコートより価格は高めですが、お勧めです。多くの人は予約せずに、搭乗中にお腹が空いて水とカップラーメンを注文するのですが、はじめからまともなランチを予約しておいた方が安くておいしいということで間違いなさそうです(水もしくはソフトドリンクで50~100バーツ、カップラーメンは数種あって70~110バーツで販売されています)。なお、食事を予約しておくと無料のイヤホンも配られます。

パンダ
機内で食事が余っている場合は、予約を入れていなくても暖かい食事(hot meal)を注文できる事があるようです(各140バーツほどで、機内では円では支払えません)。照り焼きチキンライスのみならず、他のメニュー(ガーリックライスと唐揚げ、カツカレー、マカロニパスタなど)もおいしそうですので、次回乗る機会があれば食事付きにして、そのうちにメニューをコンプリートしようと考えています。
今年(2019年)になって10回近くタイ・ライオン・エアーを利用していますが、ドンムアン空港発のタイ・ライオン・エアー有料機内食はお得だと思います。どのメニューを注文しても、味は良くて、上空で食べるからかおいしく感じます。金額的にも500~600円でミネラルウォーター付きですので、これさえ注文しておけば後は機内でゆっくり眠ってスマホ見て時間をつぶせます。チケット予約時に注文しておくのがおススメです。

タイ・ライオン・エアー無料機内食はイマイチ


到着2時間前を目安に、無料のお水とツナサンドが配られました。往路便では確かこのようなサービスを経験していないので、もしかして搭乗する機体、時間帯などによるのかもしれません。残念ながら、ツナサンドの味はイマイチです。配られるお水も、いわゆるドリンキングウォーターというやつでおいしくありません。近くに座っていたタイ人の機内食注文組は一かじりしてそのまま捨てていました。おそらくですが、熱いコーヒーがあればそこそこおいしく食べることができたかもしれません。

入管申告書類は英語になるかも

キャビンクルーが入管申告書類を配ってくれますが、日本人があまりこの便を利用しないからなのか、申告書類は英語版の用紙しか用意されていなかったようです。特に難しいものではないので、英語のままで問題ありませんが、わざわざ英語で書き込む必要はなく、英語の質問に対して日本語で記載して大丈夫です。よく筆記具を忘れて、他人に貸してもらうパターンのミスをやりがちですので、身だしなみの一環として適当なゲルインキ式のボールペンを一本携帯しておきましょう。

就航当初はタイ語か英語の2種類しか用意されていなかったようですが、2019年6月以降に確認したところ、しっかり日本語版も用意されているようです。英語が苦手な人でも気にする必要はありません。
ゾウ
海外旅行経験が豊富な人には蛇足ですが、基本的に入管申告書類のすべての質問(持ち込み制限のあるもの、高額有価証券、別送品)には「NO」と答えられるようにしておく方が無難です。

スポンサーリンク

次のページへ >

おすすめ記事

-バンコク, 手続, 旅行, 航空券
-, , , , , ,

© 2020 ナムサイディー