ニュース ビザ 手続

7月末までタイでビザなし滞在期間を自動延長してくれる

パスポート・スタンプ

緊急事態の中でもビザが切れると違法になってしまうので、タイから出ることのできない人はとにもかくにもイミグレーション(移民局)に向かって、パスポートにスタンプを押してもらう必要がありました。
3月の初めから、そのイミグレーションの管理官も新型コロナに感染したりしているので、できれば立ち寄りたくない場所になっていました。

その最中の4月8日、タイ内務省から外国人の滞在に関する特例の告示が出ました。外国人で2020年3月26日以降に滞在期限が切れる場合は、ノービザ滞在を含め、ビザの種類を問わず、滞在期間が自動延長されるようになりました。また在住外国人の90日レポートも免除になります(4月30日7月31日(延長されました)までの特例です)。
要するに、滞在延長スタンプをもらいにイミグレーションに行く必要がありません。

ある程度タイに滞在経験がある方にとっては、ビザの延長や90日レポートの手間はよくご存じのはずです。これに違反してしまうと、出国時に罰金を取られますので、空港で手持ちのタイバーツ現金がない場合などはヤバイことになります。特にノービザで今回たまたま滞在して帰れなくなってしまった人は、これは大変ありがたい措置だと思います。

現実には、タイ政府がイミグレーションでの感染拡大を抑えるために行うもので、別に外国人のことを思ってやってくれているわけでもありません。どこの国も同様ですが、外国人が原因で自国が汚染されるのは避けたいというのが本音です。今回のビザ関係も特例措置に過ぎないので、特例期間経過後は問答無用に罰金の対象になると思われますので、関係ある方は気を抜かないようにしましょう。

プラユット首相は2020年3月24日の14時から4月28日午後に首相府において行われたプラユット首相兼国防相が会見し、3月26日(木)から「仏暦2548年(2005年)の非常事態における統治に関する勅令」をを発動する閣議決定を発表しました。適用期間は2020年3月26日から4月30日5月31日(再々延長の可能性あり)までです。 タイでは2020年3月26日から4月30日5月31日まで非常事態宣言で、外国人(外交官やパイロット等を除く)は、入国禁止です。 タイ全土で夜間(午後10時から朝4時まで)外出禁止令が出ています(違反者には罰則あり)。 タイ民間航空局(CAAT)は2020年4月4日から18日まで30日5月31日まで6月30日まで(再々延長されました)のタイへの国際線旅客便の乗り入れ一時停止措置を行っています。
5月1日から5月31日まで継続される措置及び要請
  1. 夜間外出禁止令(午後10時から翌朝4時)
  2. 陸路・空路・海路すべての入国地点における入国制限
  3. 検疫(隔離)措置(State Quarantine)
  4. 国際線航空便の制限
  5. 県をまたいだ移動の制限の要請
  6. 少なくとも50パーセント以上の在宅勤務の要請
  7. 人が集まるところへの外出自粛の要請
5月3日から施設の制限が一部緩和されます。 アルコール類は5月3日から購入ができます(店内飲食は不可)。
COVID-19
COVID-19
新型コロナ感染状況

新型コロナウイルスの最新の各国別の感染状況です。飛行機等の搭乗予約の参考にしてください。

タイ内務省による外国人の滞在に関する特例の告示

以下、在タイ日本国大使館の内務省告示の概要(抜粋)の翻訳を転載します。
アンダーラインは管理人の独断部分です。

内務省告示の概要(抜粋)の日本語訳

内務省告示

王国内の一部外国人の滞在に関する特例について

仏暦2522年(西暦1979年)入国法第5条及び国家平和秩序維持評議会布告第87/2557による当局職員の権限追加に係る修正、並びに入国法第17条に基づいて、首相及び内務大臣は、閣議における了承を得て、仏暦2563年(西暦2020年)3月31日、次の告示を行った。

第1項 仏暦2522年(西暦1979年)入国法第48条に則して王国に滞在する許可を得た外国人で、入国法第50条に則して1年以内の再入国を行うための手続を経て出国した者に関し、状況が落ち着いて外国人を入国させるようになった後に速やかに、入管局が定めるタイミングで帰国せしめることとし、再入国の期間を一年以上に延長する。(※注1)

第2項 一時的に王国に滞在する許可の査証(到着査証を含む)が与えられた外国人、及び、査証免除(P.30/PP.14/PP.30/PP.90)の権利に則して一時的に王国に滞在する外国人で、仏暦2563年(西暦2020年)3月26日以降に王国での滞在許可の期間が終了する者に対し、
(1)入国法第35条(2514年石油法及び同改正、2520年投資促進法及び同改正、2522年工業団地法及び同改正、を含む)もしくは関連の内務省告示に関し、仏暦2563年(西暦2020年)3月26日から4月30日までの当面の期間、王国で滞在する許可の期間を延長する。(※注2)
(2)仏暦2563年(西暦2020年)3月26日から4月30日の間に居住報告の期間が満了する外国人に関し、入国法第37条(5)もしくは関連の内務省告示に従って行う居住報告の期間を延長する。(※注3)
(3)状況が落ち着く、もしくは通常の状況に戻る場合、入管局が定めるタイミングで、入国法第35条、第37条(5)(2514年石油法及び同改正、2520年投資促進法及び同改正、2522年工業団地法及び同改正、を含む)、もしくは関連の内務省告示に従った措置を外国人に実施する。

第3項 入国法第13条(2)に則して、国境通過証を所持し、王国内に滞在することを許可された外国人に関し、
(1)仏暦2563年(西暦2020年)3月23日以降、タイと陸続きの国との国境検問所を閉鎖した期間に則し、当面の期間、王国で滞在する許可の期間を延長する。
(2)国境検問所が通常の通行を再開した日から起算して7日以内に出国せしめる。右措置の終了後は、法規を厳格に適用する。
以上、官報掲載の日から適用する。

(※注1)入国法第48条及び第50条では、タイにおいて永住権を取得した者は、権限のある職員により、出国及び再入国の承認を受ければ、その後1年間、出国及び再入国ができることが定められています。

(※注2)入国法第35条では、タイにおける滞在許可の期間は以下のとおりとされています。
(1)スポーツ、通過(トランジット)、輸送機関の管理者又は乗組員:30日を超えない期間
(2)観光:90日を超えない期間
(3)商用、教育又は催事、報道、布教、研究、専門職およびその他:1年を超えない期間
(4)関係省庁等が認可する投資:2年を超えない期間
(5)大使館等業務及び公務:必要とされる期間
(6)投資奨励法に基づく投資又は投資に関係する活動:投資奨励委員会が相当とする期間

(※注3)入国法第37条(5)に基づき、外国人は、タイ国内に90日を超えて滞在する場合、入国管理局に対して、90日毎に居住報告を行うことが義務付けられています。

関連記事
検疫強化
タイ保健省による検疫強化の発表

文字通りですが、タイ保健省による検疫強化の発表がありました。 実質上の入国禁止が一層強化されたと思って良いでしょう。 タ ...

続きを見る

関連記事
タイ空港公社(AOT)
緊急! T.8フォームを記載しなくては!

タイでは3月16日時点で、全ての渡航者に健康質問票(T.8フォーム)の提出が義務付けられています。 本ページが役立ちそう ...

続きを見る

関連記事
コンビニの深夜営業停止
バンコクのコンビニに夜間営業禁止令

新型コロナのおかげで、バンコクの屋台やコンビニについて営業時間が本日規制され、24時から翌5時まで閉鎖になります。 また ...

続きを見る

関連記事
プーケット一時閉鎖
プーケットまで陸路、海路、空港まで一時閉鎖

タイ南部のビーチリゾート・プーケットにも、新型コロナウイルスの影響が及んでいます。 実はバンコクが実質上閉鎖されたどさく ...

続きを見る

関連記事
都市一時閉鎖
バンコクの特定施設の閉鎖が続く・・・

主に大使館情報のまとめになります。 これまでの告示では閉鎖期間は4月12日までとされていましたが、本告示により、これら施 ...

続きを見る

おすすめ記事

-ニュース, ビザ, 手続
-, , , ,

© 2020 ナムサイディー