バンコク ビザ 旅行

ノービザでなぜかタイに入国拒否されてしまう理由

過去にタイで悪いことしたりした人は入国が拒否されることはよく知られていますが、最近よく聞くのが、何も悪いことしていないのに入国拒否されるケースです。かつてはノービザランなど、実質ビザ無しで何ヶ月もタイに滞在できる時代がありましたが、現在はその方法は難しくなっています(できないわけではない)。本ページでは旅行目的でタイ国内を訪れる場合に、最近増え続けている入国拒否されるケースを見ていきます。

本ページが役立ちそうな方は

  • ビザ無しでタイ旅行する
  • 頻繁(年に数回)にタイに行く
  • バックパッカー的な行き先を決めない旅をしたい

カオサン通り

どんな人が入国拒否されないか

どの人を入国させるか拒否するかは、入国管理局(タイ)の裁量で行うことができます。拒否理由は非開示で、異議申し立てもできません。しかし、入国を厳しくするとタイ国内の観光産業に悪打撃を与えるので、ほぼ以下の条件にかなう人は入国拒否されません。政権や政治体制に大きな変化が生じた場合は、多少の変化はあるはずですが、原則、観光産業を重視しているタイではよほどのことが無い限り、入国拒否まではしません。

原則、日本国籍保持者のケースを扱います。

  • 初めてのタイ旅行でビザ無し30日以内の旅行目的
  • 日本国内でビザを取得している
  • 30日以内の短期滞在

初めてのタイ旅行という人は、原則入国拒否されることはありません。入国管理局の権限で、そのような人でも拒否してかまわないのですが、拒否しても理由を対外的に説明できなければ観光産業に悪影響するため、ほとんど入国許可しているようです。
また、ビザを取得している人も入国が拒否されるケースは極めてまれです(例外的にビザが誤って発給された場合などを除く)。

コンドル
学術目的(学会出席や調査研究)などで、タイ国内に滞在する場合は学術ビザを取得必要があるのですが、数日程度の学会出席のための滞在であればノービザでなんとかなることがあります。ただし、厳密には、旅行ビザをこのような目的に使うことは許されていないので、領事館などに問い合わせても「ビザ取得してください」の一言で終わります。

入国拒否されうるケース

ノービザでタイに入国する場合で、入国拒否されうるケースをみていきます。

帰りの(出国)チケットを購入していない

日本国籍保持者で日本国発行のパスポートを所持する人は、30日以内の旅行目的であればビザは必要ありません。この30日以内の滞在であるということを、入国時に示すには出国チケットをすでに購入していることを示す必要があります。復路便のチケットを購入していることは、実はノービザの条件にもなっています。
同一航空会社で往復でチケットを購入したようなケースでは、チェックイン時にオンラインで帰国便も確認されますのでチケット提示などはあまり気にする必要はありませんが、格安チケットで乗り継いだような場合は、入国時に出国チケットの提示を求められることがあります。そのため、eチケットを印刷するか、スマホで表示できるようにしておく必要があります。スマホに表示させるのが最近では普通ですが、フリーWiFiで接続しすぎて、肝心なときにバッテリー切れならないように十分注意してください。
往復チケットを購入していない場合は、必ず出国チケット(タイ国内の空港から外国の空港まで)を提示できるようにしておきましょう。入国日から出国日まで30日以内の日付である必要があります。

30日の数え方ですが、初日を含みます。例えば、15日の23時に入国したら、15日を1日目として30日以内の日付になります。

対策

とにかく30日以内に出国することを強く主張するしかありません。入管職員が英語ができるとは限りませんので、タイ語ができない方は、出国チケットを提示するのが一番簡単です。まだチケットを購入していなかった場合は、その場でスマホでチケットを購入する(無料WiFiなどを利用)などする必要が出てきます。その場で、はじめてスマホでチケットを購入する人は、クレジットカード決済のセキュリティチェックに引っかかることが多く、結局決済までたどり着けないことがありますので注意してください。
復路チケットをなぜ持っていないのか(購入していないのか)と確実に聞かれると思いますが、あえて納得してもらえそうな理由があるとしたら、周遊で「タイからバスでマレーシアに出る」など、二国間をまたぐ旅行である旨を説明することです。これも出任せだと管理官に疑われるだけですので、旅行計画や宿の予約票などは提示する必要があると思います。

カバ
少し前までは、帰りのチケットは予約だけで良かったのですが、最近は購入完了している必要があるようです。購入完了には至っていなくても、予約だけでもできている方は、審査官に予約表を見せて善処を伺うことぐらいはしましょう。
出国チケットが示せない場合でも、出国する確からしい予定があることは最低限示しましょう。

パスポートの有効期限が6ヶ月を切っている

このケースは、入国拒否の問題以前に、出国の際に搭乗拒否されるのが普通です。たまたま搭乗できて、タイ国内の空港に到着できた場合にも、パスポートの有効期限が6ヶ月を切っている場合は、入国拒否されることがあります。ただし、現実的には出国日まで有効のパスポートであれば、大目に見てくれるようです。しかし、このケースでは公式には拒否できることになっているので、要注意です。パスポートの有効期限はしっかり確認して事前になんとかするようにしましょう。

頻繁にタイに入国している

最近よく聞くのがこのケースで入国拒否されるケースです。頻繁(目安としては年に数回以上3週間以上の滞在)にタイに旅行に行くということは、タイ側からすると歓迎すべきことのようにも思えますが、実際にはあまり歓迎されていません。というのも、頻繁に入国しているしている人はお金をタイ国内で使う人というより、タイ国内から持ち出す人が多いからだと説明されます。意味深ですが、日本人同士で仕事を回し合ったりして、タイ人が幸せにならないお金の使い方をする外国人は歓迎しないということなのでしょう。
政権が変わってから、かつての日本人びいきはフェードアウトしているので、今後は大目に見てくれることを期待しない方が良いと思います。

対策

現実問題として、年間を通してビザ無しで一ヶ月おきに30日間フルにタイに滞在するといういうようなケースでなければ、入国拒否されないことが多いです。二ヶ月おきに30日間滞在しに来る人は、「次は必ずビザをとってきて切れ」と入管職員にクギをさされます。それを何度も無視してやってきたというような場合は拒否されるかもですが、その場合でもタイ国内での旅行日程や、タイ国内旅行のチケット、宿泊先の予約確認票を提示して、善処を促しましょう。スマホに表示させても問題ありませんが、日付と滞在場所、行き先は英語もしくはタイ語で書かれていないと受け付けてくれませんので注意してください(カタカナはダメなことが多いです)。
また、現金も持ち合わせを問われることもありますので、財布の中に10,000バーツ(約35,000円)ほど所持しておくと安心です。いざという時に現金の持ち合わせが示せない場合は、不法労働など変なことを疑われますので注意してください。

ほぼ確実に入国拒否されるケース

rejected
先ほどの例では、しっかり説明できれば入国が許可される可能性があります。しかし、2つ以上の拒否理由がバッティングしてしまうと、ほほ確実に入国拒否されて、帰りの飛行機代は自分持ちで帰国させられます。一番よくあるパターンは「頻繁にタイに入国している」+「帰りの(出国)チケットを購入していない」のケースです。また、出国チケットを購入していても、それがビザ無し渡航が許される30日を超えた便の場合は拒否される可能性が高いです。

タイは慣れているから、帰国便はホテルでゆっくり決めるなどと国内旅行なみに深夜特急テイストを楽しみたくなるものですが、ここ数ヶ月の情報でもかなりの人数が入国拒否されています。

コンドル
多くの航空会社では、このような入国できなかったケースの情報は敏感に収集しています。例えば、往復でチケットを購入していない人を何の警告もせずに搭乗させてしまったなど、航空会社の責任をなるケースがあるからです。そのため、普通は入国拒否される可能性のある方は日本国内での出国便チェックイン時に説明されます。また、チケットを所持している以上、自己責任で日本国からの出国便には乗せるけれど、入国拒否時に発生する諸費用はすべて自己負担である旨の同意書を要求されます。また、支払いにカードが使えるとは限りませんので、現金の用意も必要です。

まとめ

ビザ無し渡航で入国拒否をされるまとめ

  • 頻繁にタイに入国する人でも、間を三ヶ月以上空けること
  • パスポートの残存期間は入国日から6ヶ月以上あることを確認すること
  • 入国日から30日以内の出国チケットはあらかじめ購入しておくこと(印刷できれば更に安心)
  • 緊急時のチケット購入のために現金を用意しておこう(タイ国内の場合はタイバーツ)
  • それでも、どうしてもタイに行きたいビザを取ろう

おすすめ記事

-バンコク, ビザ, 旅行
-, , ,

Copyright© ナムサイディー , 2019 All Rights Reserved.