バンコク 旅行 航空券

ノックスクート (NokScoot) のチケットを変更したい!

新しくチケットを購入する方がいいのでは?

LCCの便変更は実質、すでに購入済みの便をキャンセルして新たに買い直すのが普通です。新たなチケットを探してみるのですが、バンコクから日本までのお手頃価格の片道チケットが見つかりません。大半が20,000~30,000円台で、バーツ表記だと7,000~10,000バーツで他のLCCのチケットが見つかるという感じです。またバンコク・日本間は日本・バンコク間とは違って、価格もお得というわけではなさそうです。今回の事情では、新たにチケットを購入する場合は15,000円以上の出費と、預け入れ荷物料金3,000円ほどを最低限支払う必要がありそうです。つまり、18,000円程度で復路便が購入できるとして、ノックスクートの便変更の手数料代金がこれより安く納まるのかどうかが決断のひとつの目安になります。

ノックスクート予約管理
昼食の間考えましたが、往路便、復路便ともに変更するなら、新たに別会社を含めてチケットを探すのが妥当だと思いました。今回は復路便(帰り)のチケットの日付を変更したいだけですので、手頃にネットで見つけられないのならば、変更で処理しようと決めました。この場合は航空会社はそのままノックスクートを利用することになり、搭乗時刻などの変更もありません。

ノックスクートのホームページから予約管理へ進み、予約番号と購入時のメールアドレスを入力します。

ノックスクート予約便変更

メニューの内容を見ると「荷物の優先受け取り」や「預け入れ荷物の追加」、「食事の追加」や「シートを選択(Select A Seat)」などもできるようです。シートを選択すると無意味に値段が上がるので、あまりやる人はいないのですが、今回のようにコロナウイルスが流行っている状況下だと、このオプションの価値は上がるかも知れません。よく考えれば、LCCでは追加料金を支払うだけでシートを選べますが、ナショナルフラッグなどでそういうサービスはありませんね(以心伝心でなんとかなることが多いけど)。

便変更すると運賃・サービス料金などは差額を支払うことになる

ノックスクート復路便
旅行会社などのキャンペーンで、いくつか優待サービスを受けている人はそのまま流用できません。原則、ノーマルの料金との差額を支払う必要があります。当然のようなルールですが、キャンペーン優待サービスをタダ同然で受けるつもりだったり、ホントに格安だった場合は、その通常料金との差額は思いのほか大きいものになります。
上の例だと、11日のチケットは5万円近くするのに対し、12日のチケットは2万円以内に収まっていて、購入金額に対しての差額は徴収されるということになります。またオプションも強制なのか、選ばなければ次の画面に行けないという仕様です。この例の場合だと、運賃が22,464円の日付を選んで、かつ20kgまでの預け入れ荷物代金12,400円を強制的に選択させられるということになります。

機内食の選択も新たに行う必要がある

ノックスクート機内食選択
LCCの場合、機内食は注文しない人が多いのですが、ノックスクートの場合は「自前の機内食持ち込みを制限」しているので、問題が無ければ注文するのが無難です。私の場合は、機内食が大好きなので注文します。ノックスクートの機内食コンプリートにはまだまだ時間がかかりますが、今回は定番の「マッサマン・チキンカレー(Massaman Curry)」で行くことにします。写真のような洒落たお皿で配膳されるわけではなく、アルミホイルの使い捨ての容器で温めて配ってくれます。写真にはありませんが、350ml程度のミネラル・ウォーターもついてきます。

結局いくらかかる?

ノックスクート明細
今回やったことは、事前購入したチケット、別日付のほぼ同額のチケット(+2,000円ほどのチケット)に変更しただけです。オプションも変更せずに、そのまま再選択しています。
最終的な追加での支払いは10,100円となっていたので、8,000円ばかりが手数料になります。明細を見てみると、取扱手数料(Handling Fee)が7,500円となっています。細かい金額の部分は、為替レートや出国税の計算の方法などで変わります。手数料(processing fee)の方は、二重で支払っているわけではないので(初回購入時にすでに支払い済みの手数料なので)、全体の変更料金には影響を及ぼしていません。
まとめると、

チケット変更時に支払う金額

「チケットとオプションの差額+取扱手数料7,500円」が変更時に必要な金額
取扱手数料は絶対に逃れることができない部分です。購入時とは違った金額になる(普通は高くなる)ことが多いチケットの差額は微妙で、上の公式のようなものが厳密に使えると思わないで、漠然と1万円プラスぐらいに考えておくとよさそうです。

次のページへ >

おすすめ記事

-バンコク, 旅行, 航空券
-, , , , ,

Copyright© ナムサイディー , 2020 All Rights Reserved.