お金 ショッピング モバイル

タイでiPhoneを購入するといくら得する?

2020年1月6日

かれこれ10年以上、私の場合はタイ国内でiPadやiPhoneを数回ばかり購入してきました。かの政権の時は異様な円高で、タイにくれば何もかも安く感じられたものです(現在と比べればの話)。タイでApple製品を購入して、消費税分を還付してもらう(免税のこと)と日本より一万円近く入手できたことがありました。(本稿では付加価値税のことを便宜、消費税と表現します。)

2020年1月の円安時には、タイでiPhoneやiPadを購入するメリットは、金額面ではほぼゼロと考えておきましょう。これは為替の影響です。タイで購入して、日本国内に持ち込む場合、免税手続きを受けて最大7%の返金(還付のこと)がなされますが、これを考慮しても額面的には2020年1月現在は日本国内での価格差考えると微妙な感じがします。(追記:3月16日以降の円高レートでは価格的なメリットもわずかながらあります。2020年04月05日のレートは1,000バーツあたり3,289円になります。)

つまり、iPhone を購入するとしたら、金額面以外のメリット(SIMフリーカメラ音の有無)にどれだけ価値を見出せるかが決断の指標になります。

でも、実際に購入するとどれだけの価格差があるの?

タイでのApple製品価格

上の表は2020年1月6日現在の日本円換算での表です。カードで決済すると実際にはこの価格より少し高くなると思います。日本価格は10%の消費税を加算しています。ポイント還元などを考えると、日本価格についてはこの表より安くなるのが普通です。この表で「免税後」と「日本価格」を比べると、実際の価格差はこの表よりも小さくなること、免税手続きの手間まで考えると、現在ではタイで購入する金額的メリットは多くありません。

タイでのApple製品価格
上の表は2020年3月16日の、コロナショックが起きてからの日本円換算です。大きくレートが変化していますので、安く手に入れるという目的も加えていいかと思います。ただし、票では単純換算しただけですので、実際はカード払いをする場合、カード会社への手数料(実際にはカード会社の手数料込みの変換レートで計算される)が必要です。大まかにですが、この表のレートだと、最終的にはトントンという感じがします。
一つ例を挙げると、JCBカードを使って、iPhone 11 Pro Max 256GBを3月16日現在のレートで購入して、免税を受けると 146,325 円ほどになります。VATで戻る金額は2,280バーツ(7,499円(2020年04月05日現在))ほど、これを円に両替せずに、タイでのお小遣いとする場合、現実にカード会社から引き落とされる金額は約154,683円ほどになります。iPhone8を選ぶ場合は、日本より安く購入できるといえますが、まだiPhone11で比較すると、トントンかわずかに安く買えるかという程度にとどまります。

タイでの iPad 価格
上の表は2020年3月25日、新型iPadが発表されてからのiPadの日本円換算です。記号の(W)はWi-Fiモデル、(WC)はWi-Fi セルラーモデルです。レートも3月25日のものですので、タイで購入する価格的メリットはあるといえますが、VAT還付を受けるためには購入後60日以内の本人からの払い戻しの申請が条件です。

関連記事
旅行者用 VAT(付加価値税)払い戻しの申請方法

タイ版の消費税にあたるものがVAT(付加価値税)で、日本に持ち帰ることを前提で購入する場合は、出国時にその分を返金しても ...

続きを見る

それでも、タイでiPhoneやiPadを購入するメリット

それでも、タイでiPhoneやiPadを購入する人は多いのが現状です。理由は分かり切っています。タイ国内で販売されるApple製品はSIMフリーになっていて、購入直後からキャリアの制限を受けません。以下、メリット補箇条書きしてみます。

  1. なんといっても初めからSIMフリーが手に入る
  2. カメラの撮影音が鳴らない

この二つは、大きなメリットだと思うので、多少手間がかかっても海外版のApple端末を入手したいと考える人は多いはずです。
デメリットの方もあげておきましょう。

  1. Apple Care 加入の手間が面倒
  2. 日本向けのローカライズ機能に注意
  3. 技適にうるさい人は注意

Apple Care に入っておかないと、端末を酷使する人にとっては毎日がリスクという神経を使う生活になります。海外購入のApple端末が、日本国内のApple Careの対象となるのかと言えば、なります。購入から30日以内であれば、日本国内でAppleに電話申し込みすることで加入できます(原則は電話対応だと認識しておくべき。Appleストアでも対応可能という話を聞いたことがあります)。

注意点は、加入したとしても、国内で保証を受けた場合は、国内基準で修理・交換されるため、シャッター音がうるさく鳴るiPhoneやiPadとして戻ってくるという点です。この点は注意しましょう。
故障したら、タイ国内で修理してもらうと上の問題は生じませんので、メモしておきましょう。

ローカライズ機能については、少々気にしておく必要があります。現在、タイでiPhone7をわざわざ買う人がどれくらいいるかは不明ですが、iPhone7以前のモデルは、SuicaやEdyなどの機能に対応しません。iPhone8以降のモデルは対応しています。さらに、日本の1.5GHz帯(バンド21)は海外版のiPhoneは対応しません(ハードウェア上の制限)。この帯域の問題にこだわりたい人は、大手キャリアが日本国内で販売しているモデルの方が安心です。逆に、格安SIMとWi-Fi接続が前提の人は、この点にこだわる理由が見当たりません。

それでも、タイでApple端末を買うなら、何がおすすめなのか

タイでApple製品を購入するなら、iPhone11 か iPhone11 Pro か iPhone11 Pro Max の3択です。これは、日本で販売されるモデルが、日本版というようなハードウェアごと専売モデルではなく、国際版になったからです。そのため、タイで購入したiPhone11系列は日本国内の技適に適応しているので、有名人でも堂々と使っても大丈夫です。

技適に関しては、現在ほとんど守られていないのですが、法律順守の会社はこの点にも神経を使っています。厳密には、技適マークがない電波を発する端末は、電波法違反なります。

余談ですが、日本で人気のある香港版iPhone11シリーズは技適マークこそありませんが、デュアルnanoSIMに対応しています。その他の機能はほぼ国際版と同じですので、チャレンジしたい方は入手する価値があるかも。

タイで端末を購入する密かなメリット

  • 保護フィルムの張り付けサービス

タイ人は、実際のところ器用な人が多いです。タイ人の男は並々かもしれませんが、タイ人女性は器用な人が多いという事実を認識しておきましょう。回りくどくなりましたが、スマホやタブレットに保護フィルムを、タイのスマホ店で貼ってもらうと八割程の確率で大成功します。二割のなんとか成功と失敗は、アルバイトの未経験者や不器用な男の作業に当たった場合です。
貼り付け料は、その店で購入する限りコミコミです。200~400バーツが相場です。張り付けに失敗されても、新しいフィルム(ガラス)でやり直してくれますので、結果的には安上がりになります。

まとめとおまけ


AppleCare に入らないのであれば、iPhoneやiPadとセットで他のアクセサリを購入するのはアリです。トータルの金額に対して、免税が行われますので、こまめに購入するよりまとめ買いで還付を受ける方が、バックされる金額は大きくなります。

おすすめ記事

-お金, ショッピング, モバイル
-, , , , , , ,

Copyright© ナムサイディー , 2020 All Rights Reserved.